株式会社日本キャンパック

お問い合わせ


BUSINESS OUTLINE

トータルパッケージングシステム

商品の開発から調合、充填、包装、発送まで対応する、トータルパッケージングシステムが高能率・低コストを実現します。

  • 製造ライン構築
  • 受注
  • 新商品の企画
  • ラインテスト
  • 原料調達
  • 包材の手配
  • 調合・液処理
  • 充填
  • 包装
  • 保管
  • 発送・輸送管理

現在、国内の飲料市場は成熟しつつあり、急激な需要の伸びは期待できませんが、業界内における競争はますます激しさを増しています。そのような状況において、ビジネスを有利に展開しシェアを拡大するには、魅力的な商品をいかに早く市場に投入し、かつそのトータルコストをいかに抑えるかが鍵といえます。
そういった背景を受け、日本キャンパックは、原材料・包材の手配から商品の開発、ラインテスト、生産(調合・充填)、包装、発送までを一貫して行うトータルパッケージングシステムを業界に先駆けて確立。高品質はもちろん、高能率・低コストを実現するとともに、大消費地である首都圏に至近という物流面の優位さにより、ブランドオーナー様から高い評価をいただいています。

トータルパッケージングシステム各工程について

製造ライン構築

オーエスマシナリーと共同構築

  • マシンの設計・製作
  • エンジニアリング
 

オーエスマシナリーは、北海製罐のマシンショップとして設立された総合機械メーカー。金型、製造機械、エンジニアリングの分野において多くの実績があります。日本キャンパックでは、製造機械の設計・製作、生産ラインの設計、メンテナンスなどを依頼しています。

電池関連機械


 

新商品の企画

新企画をブランドオーナー様に提案。

日本キャンパックの強みの一つが、新商品の開発技術。市場ニーズを把握したうえでの商品コンセプトの設定や訴求ターゲットの確定など、戦略レベルから商品開発に取り組み、これまで多くのヒット商品を生んでいます。


 

ラインテスト

ブランドオーナー様が要望されるあらゆる商品に対応。

ブランドオーナー様の新商品をはじめ、依頼されたすべての商品を生産するために、容器やキャップなどといった包材のライン適性や内容液の風味確認を行います。事前にテストを行うことで問題を抽出し、生産ラインでのスムーズな立ち上げを実現しています。


 

包材の手配

グループの強みを活かし、北海製罐と連携

  • 容器の開発・製造
 

北海製罐は、各種の缶・ペットボトルを製造する総合容器メーター。「ACTIS−LITE」をはじめとするホットパック用のペットボトル及び無菌充填用のプリフォーム、美しいグラビア印刷を施したフィルムをラミネートする「クリスタル缶」など、さまざまな容器を市場に提供しています。


 

調合・液処理

自動制御やモニタリング管理で安定した品質を実現。

水、主原料、副原料などを機械により正確な量を入れ、調合を行います。調合されたもののサンプルは、工場・品質管理課において検査を行います。また、ロットごとでデータを蓄積し管理します。そして内容液に高温殺菌または滅菌が施されます。


 

充填

缶・ペットボトルの生産ラインを構築。

さまざまな飲料、容器に対応できるよう、缶ライン、ペットボトルライン(ホットパック・無菌充填)を合計10ライン用意。コーヒーやお茶、スポーツドリンクなど各種飲料を生産しています。


 

包装

関係会社と協力しコストダウンを追求。

ホッカンホールディングスの関係会社である段ボールメーカー、トーモクと提携し、ダンボールの供給や技術の共有化を図るとともに、物流の確保、トータルコストの削減に努めています。

発送・輸送管理

製品トレーサビリティシステムを導入。

日本キャンパックでは、業界に先駆けて製品トレーサビリティシステムを導入。ロット単位、パレット単位で、商品の輸送状況を把握できますので、もしもトラブルが発生した場合、迅速かつ的確に対応することが可能です。


 
事業案内
事業案内トップ
トータルパッケージングシステム

Copyright(C) NIHON CANPACK LIMITED