株式会社日本キャンパック

お問い合わせ


FACTORY

ペットボトルライン無菌(アセプ)充填

順調にラインの拡充を進め、世界最高速を達成。

赤城工場では、複数の無菌充填ラインが稼動。利根川工場では、世界最高速である毎分1,200本の無菌充填が可能です。

無菌(アセプ)充填を行うには、(1).内容液が完全に無菌、(2).容器が完全に無菌、(3).内容液を充填密封する空間および環境が完全に無菌、(4).無菌包装の無菌性に対しての評価基準および管理体制が徹底されている、という4つの条件があります。日本キャンパックの無菌(アセプ)充填では、これらをクリアするとともに、生産効率、生産速度、コスト、さらには環境への配慮も高いレベルを実現しています。


 

無菌充填ラインの主な特長

1.毎分1,200本の充填が可能。

利根川工場では1日129万6,000本の充填が可能です。

2.短時間殺菌で優れた味と香り。

高温短時間殺菌のため飲料本来の風味を保持できます。

3.ブロー成型により環境への負荷を軽減。

自社でペットボトルを成型するため、ペットボトルの完成品を輸送する場合にくらべ、CO2の削減に貢献できます。

4.軽量化により環境への負荷を軽減。

内容液は常温で充填するため、コールド販売用はペットボトルの軽量化が可能。コスト面に優れ、環境にやさしいという特長をもっています。

5.特殊な形状の容器にも対応。

ブロー成型機の金型を換えることで特殊な形状の容器にも比較的容易に対応できます。

ブロー成型機外観

ブロー成型機

製造管理室

無菌チャンバー外観

製品コンベア

包装ヤード全景


 

生産ライン

対象の内容物 コーヒー、緑茶、紅茶、ウーロン茶、混合茶、果汁飲料、スポーツドリンクなど
*ミルク入り製品可
対象の容器 280ml〜2Lのペット容器(コールド販売用・ホット販売用)

製造ライン案内
缶ライン
ペットボトルライン(ホットパック)
ペットボトルライン無菌(アセプ)充填
開発研究
商品開発
品質管理

Copyright(C) NIHON CANPACK LIMITED